施工管理技士の転職市場の状況

TSU93_retorohunniki_TP_V (1)

施工管理技士で転職をする人は多いです。そのため施工管理技士向けの転職求人サイトというのも数多く存在していて、常に求人が更新されています。
現在、施工管理職で転職先を探している人はもちろん転職求人サイトを閲覧するかと思いますが、そもそもその転職市場の状況というのはとても気になるところですよね。
そこで今回は、施工管理技士の転職市場の状況についてお話ししようと思います。

現在の施工管理技士の転職市場

深刻な人材不足

現在、建設業界では施工管理技士が人材不足になっています。その大きな理由としては、以前公共工事の案件数が少なくなっていた時期に施工管理技士の採用数が減少したことや、団塊の世代の人々がまとまって定年を迎えたことが挙げられます。
特に東北地方での人材不足は深刻化しているようです。これには東日本大震災の際にその復興作業で東北地方に集まっていた施工管理技士が、役目を終えて関東に戻っていることも影響しているようです。
また2020年の東京オリンピックに向けて、都市部ではマンションなどの住宅施設の建設や建物の老朽化に伴ったリノベーション、設備メンテナンスなどといった案件が多くなっており、さらに需要と供給の差が生まれている状況です。

採用されやすい状況に

人材不足の深刻化にともなって各企業の施工管理技士の採用条件は甘くなっていて、非常に採用されやすい状況が出来てきています。
これまで建設業界の施工管理技士の採用では、資格や実務経験の有無などといったことが重視されていました。しかし現在の人材不足によって、これから資格取得を目指している人や実務経験が浅い人などでも積極的に採用し、社員教育や研修制度を充実させることによって社員を育てるという企業も増えてきています。改修やリノベーションなどの案件では国家資格の必要ない工事もあるため、未経験でも働き始めることが可能になっているようです。

まとめ

施工管理技士の人材不足によって採用されやすい状況が出来上がっている今は、転職を考えている人にとってはとても大きなチャンスと言えます。
資格や実務経験のある人であればもちろん、資格も実務経験もこれからだという人でも採用される可能性は十分にあるかもしれませんね。
この機に乗じて転職を成功させられるよう、市場の動向は逃さずチェックしておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする