施工管理技士の面接で聞かれること

YOTA85_husaiyou215135819_TP_V

いくつになっても、面接というのは緊張してしまいますよね。
入試や就活と、これまでいくつもの面接を経験してきた人が多いかと思いますが、転職においても面接というのは乗り越えなければならない試練となっています。
面接で聞かれることというのは誰しも気になることかと思いますが、職業によって質問はある程度絞られてくるというのも事実です。
今回は、施工管理技士の面接で聞かれることについてお教えしたいと思います。

転職の理由について

これはあくまで全ての職業に当てはまってくるテッパンの質問ですね。面接のはじめの方に聞かれることが多いです。
前職を辞めた理由を聞いた上で、なぜこの会社で働きたいのか、いわゆる志望動機を聞き出す意図があります。
前職を辞めたり湯に関しては注意が必要で、「職場環境が嫌だったから」などのネガティブな理由を話すと、「うちの会社も同じ理由で辞めてしまうんじゃないか」と思われてしまう可能性があります。
あくまで前の職場が嫌だったわけではなく、この会社が魅力的だからなどというポジティブな理由にした方が良いようです。

キャリアプランについて

施工管理技士は技術職であるため、キャリアプランというのは質問されやすい事柄の一つです。
業務を通してどのような施工管理技士になりたいのか、またそれを踏まえてどのような人間になりたいのかという展望を問われているのです。
この質問において、企業側としてはただ熱意のある人材を探しているというわけではなく、そのキャリアプランを持った人間が企業に何をもたらしてくれるのかということを考えています。
夢のようなことばかりを語るのではなく、より具体的に、その企業で仕事をしていくということを念頭に置いた回答を心がけましょう。

現場経験について

施工管理技士のフィールドというのはやはり建設現場ですので、これまでの現場経験というのは採用する上で非常に重要な項目です。
提出している職務経歴書にこれまで携わった現場の概要を記載しているとは思いますが、面接の際にはより具体的に自分のこれまでの経験をアピールしましょう。
単純に現場で経験してきた業務だけを伝えるのではなく、その現場で上がった利益率など現場の数字的な状況も答えておくと、数字管理もできる人材だという印象を与えることができます。

培ってきたスキルについて

施工管理技士のスキルというと建設分野における技術的ものだけだと捉えてしまいがちですが、企業が施工管理担当者に最も求めているスキルというのは実は「コミュニケーション能力」であったりします。
そのため、現場での仕事の中で一緒に取り組んできた職人や近隣に住んでいる人々などとどのような関わり合い方をしてきたか、またそれによってどのような効果が得られたかということをアピールするのが効果的ですね。

まとめ

面接には得意不得意がありますので、何度経験しても緊張してしまうという方も多いのではないかと思います。
しかしある程度聞かれる内容や目的を把握し準備しておくだけで、当日の気持ちの余裕はまったく変わってくるでしょう。
これまで施工管理技士として仕事をしてきた経験を自信に、ぜひ面接で効果的にアピールしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする