初めての転職での注意点

PAK86_syokupankuwaeteoffice20140830132450_TP_V

初めての転職はなかなか思うようにいかず、苦戦してしまう方が多いようですね。
新卒の就職とは違って、職を探すと同時に前職を辞める手続きもしなければならず、考えることが非常に多いです。
初めての転職でも失敗せず、スムーズに段取りを踏むためには、心がけておくべきことがいくつかあります。
今回はそんな初めて転職をする人が注意するべきポイントをいくつかご紹介します。

スケジュールの管理と確認は正確に

転職活動の肝になってくるのが、スケジュールの組み方です。
転職活動をしていると、面接の予定がいくつも入ってきます。重複することがないように面接の予定を入れ、またそれぞれの面接に向けた準備もしなければいけません。「二つの企業の面接日時が被ってしまっていた」とか「ある会社の面接に気を取られてしまい、他の会社の面接日程を忘れてしまっていた」などといったことが起こってしまってからでは取り返しがつきませんよね。
常にスケジュールを正確に管理し、その都度確認することは残念な失敗をしないためにもとても重要なことです。

情報収集は怠らず

転職活動をしていると本当にたくさんの企業を目にすると思います。希望の職種を絞っても多数の企業の中から選ぶことになるため、一つ一つの企業を徹底して調べている時間や余裕はありませんよね。
しかしながら、求人情報に書かれていることだけを頼りに企業を判断してしまっては、思わぬ「予想外」が起きてきてしまう可能性もあります。
そういったことを防ぐために、本当に気になった企業は一度じっくり調べる時間を設けてみましょう。企業のホームページや、ネットでの口コミ、また時間に余裕がある人は実際にその会社を見にいってみても良いかもしれませんね。

退職手続きはしっかりと

内定を貰うだけで終わりじゃないのが転職の大変なところ。それまで勤めていた会社を退職するのは、時に採用通知をもらうより難しい場合があります。
退職を申し出ると、「辞めないでくれ」と懇願されるパターンもありますが、そこで情けが少しでも出てくるとなかなか厄介です。
転職を決めたら迷いを断ち切り、何を言われても辞める意志を持ちましょう。
もし内定を貰っているのにもかかわらず入社を先延ばしにしたりしたら、内定を取り消されてしまう可能性もあります。ましてや気が変わって前の会社に残るなんて言い出したらもう内定をくれた会社に大迷惑です。
「立つ鳥跡を濁さず」を強く肝に銘じましょう。

まとめ

転職は自分のより良い人生のために決断するものです。せっかく決断したのですから、どこか一つでも疎かにしてしまって台無しになっては勿体無いですよね。
やるべきことを徹底的にやって、素晴らしい転職を叶えてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする