施工管理技士の転職にハローワークをおすすめできない理由

yotakaGJ0936_TP_V

転職の際にはハローワークや転職サイトなど、様々な手段を駆使して転職活動を進めていくのが一般的ですね。
しかし実は施工管理技士の転職においてハローワークを利用することは、非常にリスクの大きいことなのです。
しかし一体なぜ、有名なハローワークの利用が良くないのでしょうか。
ここでは、施工管理技士の転職にハローワークをおすすめできない理由についてお話ししたいと思います。

ハローワークのデメリット

ハローワークといえば最もオーソドックスな転職活動の方法です。しかし施工管理技士にとってハローワークでの転職にはデメリットがあるのです。
そもそもハローワークは求人の内容と実際の条件が異なるということがよく言われています。求人に書いてあったよりも休日日数が少なかったり、給与が少なかったりなど、思わず「ダマされた!」と言いたくなるような求人は多いです。
これにはハローワークの「無料で求人掲載ができる」ということが原因しています。ハローワークに求人を出す企業は基本的に経済的な余裕のないところが多いのです。
これが施工管理技士の求人の場合には顕著に出ていて、「求人にお金を使いたくないけど、人材不足で困っている」ばかりになっています。こういった企業は少しでも魅力的な条件の求人に見せようとするため、入ってみたら聞いていたのと全然違った、などということが起きてくるのです。

転職サイトのメリット

転職サイトはWeb上で募集中の求人情報を閲覧し、気に入ったものがあれば応募もできるようになっていますよね。
自由度や手軽さなどに優れていて大変使いやすいのが転職サイトなのですが、その最大のメリットは掲載求人数の多さにあります。
膨大な求人の中から、希望の職種や給与に合わせて絞り込んでいくことも可能です。より多くの候補の中から選ぶことで良い企業に当たる可能性は高まりますし、どこの企業も掲載料を払って出している求人なので最低限の信頼が置けますね。

まとめ

転職にハローワークをおすすめできない理由として、求人の質というのが大きなポイントになっているようです。
施工管理技士で転職をお考えの方にはぜひ、豊富な求人数で質も良い転職サイトの利用をおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする