中途採用の求人広告|首都圏と地方を考える

中途採用の求人広告によって首都圏のみに集中する状況には変化が訪れています。

地方での状況と比較してどこで就職するのが望ましいのかを考えていくページです。

079774

◯求人広告による首都圏での現在状況

現在の首都圏の採用状況は不況の影響で双方にとって良い状況であるとはいえません。

企業にとっては望んでいる人材が見つからない状況で、応募側にとっては条件のよい仕事が見つからない状況であるといえます。

こういった現状の原因には産業構造の変化とミスマッチ/少子化/長引く不況といったものが挙げられます。

構造の変化の一因にはIT系の市場がいまだに成長していることがあるといえます。

IT系の技術者の需要が高いにもかかわらず供給が追いついていないのが現状です。

このため企業側は望んだ人材を見つけることができず、労働者は現在の企業で人材不足のため長時間働かなければならない状況になり、結果的には労働状況全般が悪化したといるでしょう。

IT系の求職者がどのように求人案件を探しているかといえば、WEBの求人広告が中心になります。

昔はタウンワークを始めとする紙媒体の求人広告が効果を発揮していましたが、

WEBが普及し、スマートフォンで検索することが当たり前になった今ではWEBによる求人広告が最も効果を発揮すると考えてよいでしょう。

求人広告による広告宣伝効果以前に、少子化による求職者の減少という問題もあります。

少子化に関しては社会に必要とされる仕事に充分な人材が足りなくなっているという状況のことを指します。

かつてのような「人口が増→消費増→経済成長」という時代は終了し戻ってくることもありません。

人材を適所に振り分けつつ規模を縮小するのが現実的です。

長引く不況は企業が生き残るために非正規労働者を増やしたことで彼らの給料が下がり、これまでほど消費をしなくなったというやや皮肉な状態から抜け出せないままでいます。

これらの問題は日本全国で見られるものではありますが、首都圏ではこの状況が長く続いているといえます。

ただ、これらの状況の中で転職サイトを上手く利用してよい条件の働き先を見つけることは可能でしょう。

◯転職して地方に移住し新たな働き口を探す

首都圏から地方に行って、求人広告を見て中途採用先を探す人が年々増えている状況があります。

「Uターン・Iターン転職」といわれるもので首都圏よりも地方に仕事の好機を見出して積極的に移住して働くという流れです。

首都圏で働いている人が中途採用で地方で就職するということは自分の生活形態そのものを変えるということになります。

地方での好機とともに労働環境や生活形態を変えたいという考えがあっての移住です。

そんな時はWEBを始めとする求人広告に目を通しておく必要がありますね。

もちろん地方は首都圏の経済状況の影響を受けることになりますから「この都市だけは景気が良い」ということはまれです。

なので転職先は自分で積極的に探さなければなりません。

特に地方から首都圏への就職をしようと思ったらWEBによる求人広告が頼りになりますね。

また企業への中途採用だけでなく地方に移住して農業を始める人も増えています。

このサイトでは企業への中途採用を基本として書いていきますが一次産業でも二次産業でもチャンスがあるのならよい転職先だといえます。

首都圏と地方の情報を収集して自分に合っていると思われる仕事に就くのが望ましいと言えるでしょう。